2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.08.23 (Mon)

冷蔵庫は既に秋の気配♪

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
nomitai0816-2.jpg


果子こんにちは、果子です。

もうすぐ9月だというのに、
暑い日が続いてますね~
あまりにも暑いので、出かけるのも億劫になっちゃいます

最近のお楽しみは
夜、日が沈んでから近所のコンビニまで散歩に行くこと。

でも、夜でも暑いんです!

コンビニに着く頃には汗ビッショリになっちゃいます(--;
いつまでこの暑さが続くのかしら・・・と
辟易しながら冷蔵ショーケースの中を覗くと・・・

“秋”発見!!

-196℃の新製品が発売されていました

名前もずばり

“青森県岩木山山麓りんご園 秋りんご”。

缶のパッケージは紅葉したもみじ
秋は少しずつ近づいてきているんですね。
早速購入して、
お風呂上りのお楽しみとしました(^^)

おつまみは・・・と考えて
6月に仕込んでおいた

自家製アンチョビ

ちょっと早いけれど出してきました。

nomitai0816-1.jpg


買うと高いアンチョビも
自分で作ると瓶いっぱい作っても300円ちょっとです。
6月に1パック150円のカタクチイワシを2パック買ってきて
鱗を洗い流したらたっぷりの塩と一緒にタッパーに入れ
冷蔵庫で2ヶ月放置。<発酵
頭や内臓、背骨を取って開いてから塩につけるのが
一般的な作り方のようですが
丸々つけちゃうのがズボラな私流(^^;

発酵も室温で1ヶ月くらいで大丈夫らしいのですが
この猛暑の中、イワシを室温で放置する勇気がなく(笑)
冷蔵庫で2ヶ月発酵させました。

2ヶ月経った自家製アンチョビは所々に白いツブツブが浮いています。
これはカビではなく、旨み成分アミノ酸がギュッと固まったもの。
その証拠に自家製アンチョビから、とっても良い香りがしていました。
ここで内臓や頭、骨を取り、
オリーブオイルに漬けて、本当はあと1ヶ月我慢。

今日はオリーブオイルに漬けて1週間(このくらいで味が馴染んできます)の
アンチョビを使って、

アンチョビポテトを作りました

nomitai0816-3.jpg


作り方はと~~っても簡単!

乱切りにしたジャガイモは、
あらかじめ電子レンジで4分くらい加熱しておきます。
フライパンにオリーブオイルを入れ、
熱くなったらみじん切りのニンニクを炒め香りをだし、
次に乱切りにしたジャガイモと
小さく切ったアンチョビを入れ炒めます。
アンチョビの塩分があるので
他の調味料は必要ないんです(^^)
最後にパセリを振って出来上がり。

私はパセリをそのまんま冷凍させ、
必要な分をちぎって使用します。
凍ったパセリを手でギュッと握ると、
簡単に粉々になって、すぐ使えるんです

熱々のアンチョビポテトと一緒に

青森県岩木山山麓りんご園 秋りんごをいただきました!

う~~ん。おいしい!!

真夏の太陽をい~っぱい浴びて
おいしく熟した甘酸っぱいリンゴの味が口の中に広がります

-196℃シリーズには

栃木県横山果樹園の幸水を使った秋梨も発売されていました。

本当にもうすぐ秋なんですね
こっちは明日のお楽しみしよう~~と

暑い夏もあとわずか!
残暑を楽しまなきゃ損ね!と、
前向きな気分にさせてくれた
サントリーー196℃の秋限定商品でした(^^)

テーマ : - ジャンル : グルメ

EDIT  |  09:00  |  果子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment


コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。