2007年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.11.30 (Fri)

常夏気分が味わえる水餃子。

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
kako1130

果子
こんにちは、果子です!
すっかり寒くなりましたね。

暖房の効いた部屋で
冷たいビールを飲む!
これぞ最高の贅沢!!

デンコちゃんには怒られそうですが・・・(^^;

更に南国気分を味わえるのが
このエスニック水餃子

実はV6の番組で紹介されていた食べ方なのです。
豚肉、白菜、ニラ・・・いつもの水餃子を作ったら、
ホットチリソースにたっぷりの香菜のみじん切りを混ぜて

いっただきまぁ~~~す!!

なんの変哲もない普通の水餃子が、
一気にエスニック料理に早変わりです

もちろんお醤油とラー油もOK。
ひとつのお料理で2つの味を楽しんじゃいましょう。
スポンサーサイト

テーマ : お料理ヒント集 - ジャンル : グルメ

EDIT  |  16:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.11.26 (Mon)

お初です!白のボジョレーヌーヴォー。

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
umeko1126-1

梅子先週末は、赤のボジョレヌーヴォー。
今週末は、白のボジョレヌーヴォーと
自称「ボジョレヌーヴォーを週末おうちで楽しもう協会」会長の梅子です。

実は白のボジョレヌーヴォーをいただくのは初めてです。
いつも、きれいな赤色に惹かれてしまい、
白のボジョレヌーヴォーを買ったことがなかったのです

でも今年は、白いボジョレヌーヴォーが輝いて見え、
さらにラベルのお花たちがあまりにもかわいく、
購入いたしました

白ワインというと、ベタですが、魚介類に合うのではと思い、
カキのフライと、お刺身を食卓へ。
フライなど、揚げ物があるときは、前にもご紹介した
サツマイモの素揚げを必ず作ります。
umwko1126-2
小梅たちの大好物。


実は、前回ご紹介したとき、
「水にひたしてアクを取らなくても大丈夫なのですか?」
というご質問をいただきました。
我が家では、水に浸すと、油がはねるのがいやで(怖くて)、浸してません。
でもこの方法でアクを感じたことはないのです。
うちの家族みんなが、ただ単にアクを感じない舌をしていたらごめんなさい

子どものおつまみ!?はさておき、
白のボジョレーヌーヴォーを丁寧に空けて、ボジョレーパーティーの始まりです
といっても梅太夫と二人ですけどね。
一口飲んだだけで、爽やかな香りが広がります。
お味は辛口なのですが、赤と同じくフルーティーな味わい。
なんでもボジョレー地区の北に隣接する、
マコネー地区のシャルドネ種を100%使ったヌーヴォー、 
とのこと。

フレッシュな味わいがとても梅子好み
フランスの素晴らしいワイン文化に感謝しよう~なんていいながら、
「カンパ~~~イ!」と飲んでいたら、
またまた軽く1本空いた梅子の夜でした

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

EDIT  |  15:52  |  梅子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.11.22 (Thu)

ボジョレーヌーヴォーで乾杯!

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
mugiko-1122

梅子ボジョレーヌーヴォーをいつあけようか、
そればかり気になって
仕事が手につかなかった梅子です。

さすがにこれではまずい!と、
明日は週末、今日こそ飲むぞ~
仕事帰りにおつまみの食材を購入して、さっそく帰宅。

おつまみばかりでは、さすがに子どもたちに悪いかなと、
子どもには、ビーフシチューを。
そして、自分のためのおつまみには、
エビとアスパラのマリネ
エビとアスパラ、いろどりのための人参を、一緒に(この手抜きが梅子流)ボイル。
マヨネーズと、明太子、ワインビネガーを入れ、
食べる直前にレモンとこしょうをたっぷりふります。

あとは、オニオンスライスとセロリを添えた生ハム
簡単なおつまみばかりです

スタンバイOKというところで、
ボジョレーヌーヴォー2007が登場。
かわいいラベルのお花のように、
かわいいお味のボジョレーヌーヴォー。 
フルーティーな味わいとは、こういうことなのねと再確認。
一口飲むと、ボジョレー地区のワイン畑にそよ風がふいている
ふと、そんなイメージが思い浮かぶ味わいです。

な~んて、ちょっと気取ってみました。

そろそろおなかもいっぱいになってたけど、
おつまみをもう少し食べたいな~というときは、
このチーズ、ブルサンをいただきます。
mugiko1122-02このペッパーが効いたチーズと、
ボジョレーヌーヴォーの
相性が、これまた絶品。

あっという間にパパと軽く1本、空いてしまったのでした。
梅子のほうが、7:3で勝ったかな。
もちろん、勝ち負けじゃないけれど、
ボジョレーヌーヴォーだけは、絶対に毎年勝っている梅子です

来週あたり、冷蔵庫に冷やされている
白のボジョレーヌーヴォーを空ける予定。
あっ、また今週も仕事が手につかない…かも

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

EDIT  |  10:23  |  新発売!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.11.15 (Thu)

速報!ボジョレーヌーヴォーをゲット!

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
umeko1115

梅子一年でこの日はやっぱりワクワクしますよね。
自分の誕生日では、こんなにウキウキしないのに、
この日ばかりは、お祭り気分。
梅子の大好きなボジョレーヌーヴォーの解禁日なんですもの。

本当は夜中に買いに行きたかったのですが、
さすがに0時の梅子は夢の中
でも、今日のお昼休み、昼食を早めに済ませ、
近所のスーパーに買いに行きました (^^;

あった、あった
「ジョルジュ デュブッフ」のボジョレーヌーヴォーが。
このかわいいラベルに惹かれて、買い始めたのですが、
今では、「ジョルジュ デュブッフ」のボジョレーヌーヴォーを
探して、たくさん購入しています
麦子さんにも保存方法 教えてもらったし

「ジョルジュ デュブッフ」とは、醸造家(おじさまのようです)のことで、
彼が作り出すワインは、
世界の誰もが認めるボジョレーヌーヴォーの名品
とされています。

なんてうんちくはおいといて、
今夜飲みたいけど、明日の仕事に響くから、
金曜日の夜まで待とうかな~と思いつつ、
ちゃっかりローストポークと、アボカドのチーズ和えを作っています。
完璧なワイン用の夕食メニューですよね…

あ~このかわいいラベルに、今夜私は誘惑されそう
お味は、後ほど報告いたしますね

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

EDIT  |  18:25  |  新発売!  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.11.14 (Wed)

まもなくヌーヴォー解禁!

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
mugiko1114

麦子こんにちは、麦子です。

さぁーいよいよ明日15日解禁となった、
ボジョレーヌーヴォー
楽しみですね~。

いつもはビール党の麦子も、ヌーヴォーは欠かさず飲んでいます
何を隠そう、1ダースの予約を入れるほど気合が入っております。
去年、よく行く酒屋さんのオーナーが、こんなことを教えてくれました。

ヌーヴォーはすぐに飲むのも美味しいけれど、
1本とっておいて、1年寝かせてみてください、とっても美味しいですよ
、と。

マジメな麦子は早速実行。

去年イトーヨーカ堂で予約して買った
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー2006 
ドメーヌ トマ  ボジョレーの帝王、
ジョルジュ・デュブッフ氏推奨「ドメーヌトマ」の畑でも
とりわけ日当たりの良い場所で育った葡萄を選りすぐって造ったトマのワインランク上のヌーヴォー
です。

本来ワインは温度と湿度が一定に保たれたところで保存するのが一番ですが、
一般の家庭では、日の当たらないできるだけ温度変化のない冷暗所に
おいていくといいとか。
シンクの下などがいいそうです。
もっといいのはお庭に埋めておくと良いそうです。

残念ながらマンション住まいの麦子は、お庭がないので、シンクの下の調味料を置くスペースに大切に大切に置いておきました。

さてさて、今年の解禁まであと1日
去年のヌーヴォーを味わってみることにしました。

うふふ、美味しかったですよ

1年寝かせただけあって、フルーティーさがコクに変わって、
味に深みを感じました。

ワインは年を重ねるごとに美味しさが増すのが少しわかった気がします。
皆様も是非、一本とっておいて来年もその味の違いを楽しんでください。

さぁー、明日は予約しておいたヌーヴォーをゆっくり味わいたいと思います。
そしてまた、今年も数本は飲まずに我慢
シンクの下で、来年までじっくり熟成させたいと思います

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

EDIT  |  01:32  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.11.12 (Mon)

新製品 ヌーヴォーコンビ!

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
kako1112-01

果子こんにちは、果子です。
3時のおやつを買いにコンビニに行ったところ、
サントリーの新製品を発見!!

カクテルカロリ。のカシスヌーヴォーと
-196℃の巨峰ヌーヴォーです。


どちらも11月6日に発売されたばかり!!
巨峰ヌーヴォーは2007年秋に収穫されたばかりの粒選りの巨峰を
たっぷり使ったチューハイ
カシスヌーヴォーは、今年ヨーロッパで収穫されたカシスの果汁と、
高品質のカシス「ノワールドブルゴーニュ」を使用した
カシスリキュールを使用したカクテルです


どちらも280mlで189円とお値段はちょっと高め。
で~も~、その分高級感があっておいしそうですよねぇ~。

早速、机の上において記念写真をパチリ

後ろは駅前のランキンランキンで紹介されていたイカチョコ。
今日の夜はこれで決まりです!!

テーマ : カクテル - ジャンル : グルメ

EDIT  |  09:43  |  新発売!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.11.07 (Wed)

ジョッキ濃旨呑みました!

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
mugiko1107

麦子
こんにちは、麦子です。
CMで所さんがいつも美味しそうに飲んでいる、ジョッキ生。
なぜかあのCMを見ると、「あ~飲みたいなぁ~」と
思ってしまうのは麦子だけではないはず。

そんなジョッキ生に限定醸造のジョッキ濃旨っていう新製品が
出たのを知っていますか?

限定・・・の文字に弱い麦子です(笑)。

ロースト麦芽の使用率をアップして、
より旨みのある濃い味を出したとか。

そして、この「ロースト麦芽」の文字にも
かなりググっと惹かれるものがありました

なんか深みのある味が期待できそうだ!

さぁ~今夜のつまみは何にしよう???・・・・・
とはいえ、冷蔵庫は空っぽだぁ~

ここ数日フリーペーパーの入稿に追われて買い物に
いけなかったのだ(泣)。

かろうじて見つかったのは、卵にハム・・・。
おぉっと!ワンタンの皮を発見!ひき肉は常備してあるし!

こんなときは、
麦子特製パラパラチャーハンに決定!
ポイントは4つ。

①冷ご飯がある場合は、必ずレンジで温めます。
冷たいままではパラパラにはなりませぬ。
②フライパンはよくよく熱する。
③といた卵を入れた後、すぐにご飯を入れて
とにかく強火でよく炒める。
よく炒めたあとに、具材を入れてさらに炒める。
④味付けは塩、こしょうのみ。他に余計な味付けはしない。

これでパラパラ絶品チャーハンの出来上がり

あとはワンタンで今日のご飯は完成。

注いだ瞬間に香ばしい香りの
「ジョッキ濃旨」。
ジョッキ芳醇よりもさらに
深みのある味で、
ビールにとっても近い味だぁ~。


どんどん進化する発泡酒に驚かされながら、
チャーハンをつまみに?2本いただきました。

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

EDIT  |  09:33  |  新発売!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.11.02 (Fri)

芸術の秋とモルツ

    いつも応援ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。ランキング
mugiko-1031

麦子
こんにちは、麦子です。

食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・・と
秋は楽しむことがいっぱいですね

みなさんは、どんな秋をお過ごしですか?

普段は、秋といえば食欲の秋・・・・の麦子ですが、
今年は芸術に目覚めたのでした。

はじめて「歌舞伎」を観にいったのであります~。

たしか小学校?か中学校の時に「歌舞伎鑑賞」なるもので、
一度は見たことがあったはず・・・ではありますが、
全く記憶にない・・・

なので事実上、今回が初めての歌舞伎鑑賞となります。

20年以上の付き合いになる友人がチケットを取ってくれました。

場所は国立劇場

松本幸四郎、市川染五郎の親子共演ということで、
テレビでも紹介されていました。

とはいえ、「歌舞伎」なるものはテレビでチラチラと
観た事はありますが、全く知識もなく、
正直なにをいっているかさっぱりわからないだろうなぁ~なんて
思っていたのですが・・・・

とっても面白かったのです

よーく聞くとわかるものです(笑)。
2作品(計約4時間)を見たのですが、
昔話風の 「うぐいす塚」というお話は、途中笑いあり、
染五郎の2役の早代わりありと飽きることなく見ることができました。

お話の面白さはもちろんですが、衣裳の美しさ、役者さん方の立ち居振る舞いの美しさ、
独特の言い回しではあるものの、日本語の美しさを改めて感じました。

11時半に開演し、13時20分に1公演目が終わります。
30分の幕間がありこの間にお客さんはお昼を食べるのです。

そう、この間にいただくお弁当が、ご存知「幕の内弁当」のいわれですね。
幕間は30分しかないので、開場とともに、
国立劇場の中のいくつかのレストランにお弁当の席を予約する列ができます

私たちもその中のひとつ、「向日葵」というところで予約を入れました。
もれなくビールもつけてもらいました。

その幕の内弁当(1500円)がこちら
そしてなんとビールが
モルツだったのです~!
席についたととたんに、
ビールとお弁当が運ばれて、
モルツと一緒に美味しい
幕の内弁当で舌鼓。


ちょうど30分で食べ終わり、また2公演目へ。

あ~、楽しかった

芸術の秋とモルツを堪能した1日でした。

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

EDIT  |  17:01  |  未分類  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。